レバレッジについて

2018年9月3日

まず、最初の記事で何を書こうか悩みましたが、仮想通貨から投資を始める人も多いので、レバレッジについて、説明していきたいと思います。

レバレッジとは、取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できるようになるシステムです。

てこの原理のように便利な仕組みですが、大怪我をしてしまう可能性もあるので、レバレッジの倍率や証拠金維持率について注意しなければいけません。

レバレッジは大体5倍くらいで、余程自信がある時じゃないと15倍等は使用しないほうがいいと言われています。

証拠金維持率についてですが、過去に作った資料があるので、それを画像で貼っていきます。

↑の画像でいえば、ビットフライヤーであれば、10万円証拠金があれば、0.7-0.8bfxで維持率はおおよそ300%いきそうですね。
また、これを見てわかるとおり、維持率が低ければ低い程、少しの損を抱えただけで、退場してしまう可能性は高まってしまうので、ボラリティが高いビットコインの相場では、余裕を持った維持率を確保することは必須となります。

また、今回はビットフライヤーでのレバレッジ、ロスカット維持率を元に計算をしていますが、取引所によって、レバレッジやロスカットになる維持率は大きく異なるので、規約等をしっかり確認した上で行わないと、エントリーした瞬間のスプレッド差でロスカットになることもあるので、注意が必要です。